読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出産レポ②【怒涛の出産〜初めての抱っこ編】

20:00

消灯が21:00のため、ではそろそろ…と助産師さんから旦那氏に現状が報告される。

 

  • 陣痛は強くなっているが、まだ赤ちゃんの心音の位置が高く横に寄っている→骨盤まで降りてきていない
  • 骨盤に収まってからようやくお産の準備になるのでまだまだかかりそう…早くても明日の朝とか…
  • 旦那氏は一旦帰宅して、また明日来てもらった方が良い

 

わたしも隣で説明を聞くがもはや痛すぎて目も開けられず「フギイィ…ヒギィ…」「がっ…あ゛あー…いだい…」しか言えない。しかし内心は「そんなあ…!今日中に産みたかったのに…ていうかこの痛みが明日まで続くとか正気か…?朝になる頃には発狂してわしはもう人ならざるものになっているのでは…?」と絶望する。

 

 

20:30

旦那氏は悶絶するわたしを心配しつつも「仕方ないか…」という感じで帰り支度を始める。

 

が!その時!!!今までに味わったことのないレベルの痛み&お腹の中身が大きくぐりんとひねる感覚を味わう。そこで初めて「何か出る!!いきみたい!!!」という気持ちになり咄嗟に「いだいでずううう」とナースコール。

 

すぐに助産師さんが心音の位置を確認。やはりどうやら事態が急転したらしく、子宮口はほぼ全開。一斉に周りがバタバタし始める。旦那氏は帰り支度をストップし、あれよあれよと分娩室の準備が始まる。

 

分娩室まではまだいきんじゃ駄目!と言われつつも、もう理性ではどうにもならない。お腹の内側から破壊される感覚。痛みの合間に必死に目を開け、旦那氏と「頑張ってる姿ちゃんとみてるよ!/そばにいてくれてることちゃんと分かってるよ!」とアイコンタクトを取り合う。

 

 

21:00

いよいよ分娩台に上がる。旦那氏の立会いを希望していたが、早産児ということでお医者さんが多めに入るため願い叶わず…悲しみ…

 

足はガクガク震えるし手はひきつけを起こしたかのごとくおかしな方向に固まってもう制御できない。全身に力が入ってリラックスなど到底無理!!!

 

「息吐き切ったらすぐ吸って!」「お尻上げない!」「息はゆっくり長くフーフーだよ!」「膝閉じないで!」と色々言われ「ンガアアアそんな色々無理ぃいいい」と思いつつもキスケに早く会いたい一心で少しずつ実践してみる。

「いいよ!上手くなって来たね」「そうその調子!」と褒められると嬉しくなってきて「もっと褒めて!!!!崇めてくれ!!!!わいはお産の覇者や!!!!」という傲慢な気持ちになる。

 

全力でいきむたびに全身の血管が切れ皮膚が裂けそうな感覚に陥る。途中から股に何か挟まってる感を感じると「頭見えてきたね!髪の毛フサフサだよ!」と言われ「あっもう!?!?もうそれ見えちゃってるの!?!?マジ!?!?」と逆に戸惑う。自分のタイミングを計りながら合計10回ほどいきむ。

 

 

21:40

ぬるりんという感覚とともに、2544gの元気な男の子ことキスケ爆誕!!!!!!フニャフニャ泣いとる!!!!!!うわー可愛い!!!!!!!

痛みは以前続いているが意外と頭は冷静で、もちろんキスケが産まれて嬉しいけど「ああもういきまなくていいんだ!!!!!ヤッター!!!!!」という方向の喜びが溢れまくる。

 

カンガルーケアを希望していたがこれまた早産児ということで願い叶わず、すぐに新生児科の先生の診察が始まる。わたしは産後の処置をされながら、鼻やら口やらにチューブを突っ込まれまくるキスケを「ううっ小さい体で可哀想に…もうすぐ終わるでよ…」と心配しながら見守る。

 

胎盤はお産の後に勝手にツルッと出てくるものかと思いきや自分の場合はそうでなく、助産師さんに「痛いよね〜ごめんね〜」と謝られつつ上からお腹をギューギュー押されまくってようやく排出。まるで自分がマヨネーズか何かの容器になったかのような押されっぷりだった…

 

その後は先生から噂の会陰縫合の洗礼を受ける。(ちなみに切られた時はそもそも気付かなかった)

痛み止めの注射をされたので針を通す痛みは特になかったけど、局部を糸で引っ張られる感覚が斬新すぎて「!!!!!」となる。

 

 

22:00-24:00

旦那氏とようやく対面し、お疲れお疲れとお互いを労い合う。産後2時間は分娩台の上で要安静だったので、時間が経つのを待ちながら色んなことを話す。

二人とも胎盤を見せてもらわなかったことを地味に後悔し「モツ感あるのかな…」「モツだろうな…実際モツだしね…」と空想する。

 

 

24:00

キスケは体重やお乳の飲み具合が安定するまでGCU(発育支援室)でお世話してもらうことに。そちらの入院の説明を二人で受ける。

その後恐る恐る初めての抱っこ。「小さめだから軽いんだろうな…」と思っていたが、予想以上のずっしり感に衝撃を受ける。

 

温かくてフニフニしていてとっても可愛い我が子。夫婦共にホエ〜となりながら「また明日会いにくるね」と告げてGCUを出る。

 

 

25:00

自分のベッドへ戻り一息つく。旦那氏も実質丸2日寝ていないので、翌日(というか火曜日)は会社を休むことに決める。気を付けて帰ってね〜と見送り、自分は後陣痛や諸々のトラブルに耐えながら朝を迎える。

 

 

続く→

出産レポ③【産褥トラブル〜総括編】 - お産だよ!全員集合!