読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出産レポ③【産褥トラブル〜総括編】

3/28(火)

01:00-06:00

後陣痛つら!縫合の痕いてえ!!

そんでもって何より残尿感がはんぱないのにおしっこがかれこれ半日近く出せていなくて死にそう!!!!!

トイレに行っても悪露が垂れるだけで、尿を出そうとするととにかくお腹が痛く縫合の痕が滲みるだけ。

「何か問題があって尿が出ない」のか「そもそも尿は溜まっていない偽の残尿感」なのかわからず朝まで苦しむ。

 

朝イチの検温で助産師さんに相談すると「膀胱のあたりをギューって押さえながらしてみてください!」と言われほんまかいなと思う。痛みに怯えつつ試してみると本当に出るようになって助産師さんに「おしっこ!!出ました!!!」と感謝の報告をしに行く。

わしの膀胱、おしっこの出し方忘れてたんかい…!!!!

 

 

08:00

安定のしょんぼり朝食。しかし産前産後ともに残さず頂く。

食後、助産師さんに「ごはんどれくらい食べられました?」と聞かれ「え?完食です!」と答えるとニッコリされる。

その後近くのベッドからは「全体の半分くらいかな…」「おかずは6割、お米は残しました」等の会話が聞こえ「???わたしはフードファイターか??」と思いながら院内のコンビニにおやつを買いに行く。

 

キスケも母ちゃんのようにいっぱい食べてすくすく成長してほしいなあ…

 

 

 

わたしのお産について

助産師さん「本格的な痛みが来たのっていつでした?」

わし「本格的とは?」

「赤ちゃんが骨盤に降りてきてからですね」

「あ、なんか突然ひねる感覚があったんですよね…それこそ助産師さんに『まだ産まれないからまた明日』って言われて10分後とか…」

「わあ…やっぱりそうだったんですね…そこから数えるとにじこさんのお産は2時間、いや1時間弱とかになりますね…」

「あれっ!破水から数えるんじゃないんですね」

「そうなんです。初産婦さんの平均が12〜16時間程度なのでにじこさんは物凄く早かったんですよ。こちらも準備が間に合わず慌ててしまいすみませんでした」

「へ!?!?!あの人格が崩壊しそうな痛みを普通の人は16時間とか耐えるんです!?!?」

「ですねえ」

「えっ…そん……えーーーーー?!?!」

「赤ちゃんが私たちの会話を聞いて『パパが帰っちゃう!早く産まれなきゃ!』って思ったのかもしれませんねえ笑」

「た、たしかに…ほんとあの直後でしたからね……っていうかほんとにあれを16時間も!?!(しつこい)」

 

なんというか、あの痛みを経験してもなお二人目、三人目が欲しくなってしまう人がたくさんいるということは、つまり子どもはそれほどにウルトラ可愛くて超弩級に特別な存在なんだなあとしみじみ思いました。

 

わたしもまだ産後数日ですが、時を経るごとに「あの時の“もう一生好物のチーズナンが食べられなくてもいいから早くどっか行ってください”と懇願したほどの痛み<<<キスケがもにもに動く可愛さ」になってきておりやばいです。

  

果たして再びあの痛みを味わう時がやってくるのか……乞うご期待!!!!

 

 


早産だったのでこれが残念!という点

  • 4月生まれでなく早生まれになってしまったこと
  • 大きく産んであげられなかったこと
  • ごはんが豪華で美味しいと評判の産院から転院になってしまったこと
  • 週末の外食フィーバー予定がおじゃんになってしまったこと
  • ろくなマタニティフォトが撮れないまま妊婦生活が終わってしまったこと

 


早産だったけどこれは良かった!という点 

  • 入院準備がパーフェクトにできており慌てず済んだこと
  • 夜に破水したため旦那氏がそばにいてくれたこと
  • 旦那氏が9ヶ月時点から断酒してくれていたこと(もし臨月からと決めていたら、破水した夜はタクシー頼みになるところだった)
  • 体重管理に怯える期間が1ヶ月短くなったこと
  • 何よりキスケに早く会えたこと!